残業代請求ができないケースもある?

スーツ姿のOL

就業時間をオーバーして働いた場合は残業代が支払わなければなりません。
残業代が支払われないのに泣き寝入りする必要はありません。
残業代請求の時効が来る前に、すぐに法律事務所に相談しましょう。
ただし、中には残業代が請求できないケースもあるため、予めそのようなケースに当てはまっていないかだけチェックしましょう。
残業代請求ができないケースの一つが、時効が既に過ぎている場合です。
法律上残業代請求できる期限というのは決まっているため、それをオーバーすると残業代請求ができません。
次に、殆どの時間を社外で過ごす営業職などの事業場外労働の場合や、研究職などの裁量労働の場合です。
この場合は会社側が就業規則で、一定時間の労働と見做すというような規則を定めている場合があるため注意が必要です。
また、予め雇用契約書に毎月の給与に一定時間分の残業代も含まれていると明記されている企業もあり、こういった場合は既に一定の残業代が支払われていると言う事なので、残業代請求はできません。
以上のように、残業代請求ができないケースというのはあります。
しかし、自分ではこれらのケースに当てはまっているのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
そういう場合には、まずは法律事務所に相談してみてください。

会議中

残業代請求の際にかかる弁護士費用

悪質な会社に勤めている場合、定時超えで残業したのにもかかわらず、残業代が支払われないという事があります。法律で残業代の支払いは必ず支払わなければならいとされているのに残業代が支払われてい…

Recent Entry