パートやアルバイトでの残業代請求のポイント

驚く

正社員と比べると弱い立場にあるので、パートやアルバイトの人たちはサービス残業をする傾向が強いです。しかし非正規スタッフでも残業代請求は可能であり、働いた時間に関する証拠を残すことが重要です。また残業代請求に必要な証拠がない場合でも、法律事務所に相談すると最適な方法で解決することが可能です。手帳の内容や勤務先から手渡されたシフト表なども、残業代請求をする場合の証拠として活用できます。しかしタイムレコーダーの記録のような確実な証拠がない時には、まず最初に弁護士と相談して助言を受けるべきです。またアルバイト勤務の人たちは収入が多くないので、できるだけ弁護士費用を節約したいと考えるのが一般的です。個別の法律事務所のウェブサイトを訪れると、料金が割安で実績が豊富な弁護士を見つけることができます。労働者自身が経営者と交渉をする方法もありますが、弁護士に代行してもらうのが理想的です。法律の知識を駆使して弁護士が残業代請求の正当性を主張することが、早期に未払いの手当を支給してもらうためのポイントです。請求金額が比較的少ない場合には、即日判決で費用と時間が節約できる少額訴訟を活用するという選択肢もあります。

会議中

残業代請求の際にかかる弁護士費用

悪質な会社に勤めている場合、定時超えで残業したのにもかかわらず、残業代が支払われないという事があります。法律で残業代の支払いは必ず支払わなければならいとされているのに残業代が支払われてい…

Recent Entry